知財収入、伸び盛り 日本の輸出に新たな「稼ぐ力」

2016/12/26 0:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 モノを海外に輸出して稼いできた貿易立国・日本の姿が変容を遂げつつある。海外からの配当や利子は今や“主役級”だが、それに加えて日本企業が持つ高度な生産ノウハウや商標の輸出も活発化。特許料などの知的財産権収入が新しいおカネの潮流を生んでいる。実態を点検すると稼ぐ力をさらに高めるための課題も見えてくる。(藤川衛)

 モノやサービスなど海外との取引を総合的にみる国際収支で日本は一貫して経常黒字国だ。国に入…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 11:44更新
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:01
7:01
北陸 6:32
6:25
近畿 11:34
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:02
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報