仏高速炉建設の是非、23年ごろに判断 原子力開発局長

2016/11/28 1:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 フランス原子力・代替エネルギー庁(CEA)のフランソワ・ゴーシェ原子力開発局長は高速炉の実証炉「ASTRID(アストリッド)」建設の是非を2023年ごろに決める考えを明らかにした。パリのCEA本部で取材に応じた。建設が決まれば25年ごろに着工できる見通しだ。

 日本政府は高速増殖炉原型炉「もんじゅ」の廃炉を年内に決める方針。高速炉開発は続ける意向で、日仏両国が14年に研究協力で合意したアストリッド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:25
6:22
関西 6:00
6:00
中国 6:00
6:00
四国 6:00
6:00
九州
沖縄
2:02
2:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報