相続税申告漏れ、海外関連3.6%増 国税庁15事務年度

2016/11/12 0:21
共有
保存
印刷
その他

 国税庁は11日までに、今年6月までの1年間(2015事務年度)に全国の国税局などが実施した相続税の税務調査の結果を発表した。重点分野である海外資産に関連した申告漏れは47億円と前事務年度比で3.6%増えた。調査件数は859件で集計を始めた01事務年度以降で過去最多だった。

 具体的には、相続税の申告時に海外預金を除外していた事例などがあった。全体の調査は1万1935件で、申告漏れは9761件、総額は前事務年度比8.8%減の3004億円だった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

申告漏れ相続税国税庁事務年度

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 9:27
7:05
北陸 7:01
7:00
関西 7:02
7:01
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報