速報 > 社会 > 記事

会話理解、日本人は「聞く」英米人は「見る」
脳の情報処理に違い

2016/10/17 1:29
保存
印刷
その他

 人の話を聞く際に、日本人と英米人とで脳の情報処理のやり方が違うことが、熊本大学のグループの研究でわかった。日本人は聞くことに集中するのに対し、英米人は相手の口の動きを見て音を予測しているという。

 「マガーク効果」と呼ばれる有名な錯覚がある。「が」と発音している人の映像に「ば」という音声を重ねると、見ている人には「だ」と聞こえる現象で、視覚に聴覚が影響されるため起きると考えられている。

 熊本大の積山薫教授らは、日本人にはマガーク効果が英語圏の人に比べて起きにくいことを見いだした。その理由を探るため、日本人学生と英語圏からの留学生を対象に、会話するときの視線の動きや脳波を測定した。

 その結果、英語が母語の留学生は視線を話者の口に集中させるのに比べ、日本人学生の視線は口元には集まらないことがわかった。また留学生は口の動きから推察して短時間で音を判断しているが、日本人学生は口の動きに視線を集中させると逆に判断が遅くなった。英語母語者は口の動きを見ながら一瞬あとに聞こえる音の候補を絞り込んでいるが、日本語母語者はそうした予測をしないようだ。

 なぜこうした違いが生じているのかはわからないが、外国語学習でのビデオ映像の活用の仕方などを考える上で参考になりそうだ。英国の科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。

保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

関連キーワードで検索

大学教授積山薫熊本大学日本人英米人

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 13:31
7:05
北陸 6:25
6:22
関西 6:00
6:00
中国 6:00
6:00
四国 6:00
6:00
九州
沖縄
2:02
2:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報