東大論文不正で調査本格化 データ検証に新手法

2016/9/25 23:55
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 東京大学で医学部などの6研究室が発表した22本の論文に不正の疑いが指摘され、大学側が本格調査を始めた。きっかけは東大や文部科学省、学会などに届いた匿名の告発文書だ。内部情報の暴露や画像のコピーではなく、論文のグラフから元データを復元する新たな手法で疑義を指摘した。

 「こういうやり方もあるのかと驚いた」。告発状を受け取った人物はこう話す。「この方法が知れ渡り、過去の論文を調べられたら、恐ろしいこと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップ

関連キーワードで検索

東京大学市川家国文部科学省

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:00
東北 22日 7:00
22日 7:00
関東 22日 7:01
22日 7:00
東京 22日 7:01
22日 7:00
信越 22日 7:01
22日 7:01
東海 2:00
1:55
北陸 22日 7:01
22日 7:00
関西 1:43
22日 6:29
中国 22日 6:02
22日 6:01
四国 22日 6:02
22日 6:01
九州
沖縄
11:50
22日 16:04

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報