著作物の「窓口」一本化 文化庁、データベース作成へ

2016/9/23 23:58
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 文化庁は来年度、音楽などの著作物に関する情報をまとめた公的なデータベース作りに乗り出す。日本音楽著作権協会(JASRAC)のような管理団体が管理する情報に加え、個人のクリエーターらの作品まで網羅し、誰でも検索できる仕組みを想定。将来はウェブ上での権利処理や利用料の決済機能も設け、漫画やゲーム、映画など他分野にも広げたい考えだ。

 歌手やクリエーターが手掛ける作品には原則著作権がある。個人で聴く場合…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップ

関連キーワードで検索

ノウハウ日本音楽著作権協会文化庁

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 28日 14:56
28日 7:00
東北 28日 7:00
28日 7:00
関東 28日 7:01
28日 7:00
東京 28日 15:40
28日 7:00
信越 28日 7:00
28日 7:00
東海 1:31
1:31
北陸 28日 7:00
28日 7:00
関西 28日 6:03
28日 6:02
中国 28日 15:00
28日 6:02
四国 28日 6:02
28日 6:00
九州
沖縄
1:31
28日 22:41

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報