ニンジンの収穫期を最適化 ノーリツ鋼機系、センサー活用

2016/9/9 23:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 ノーリツ鋼機の農業子会社NKアグリ(和歌山市)は、全国の農家と連携してIT(情報技術)を使ってニンジンの収穫時期を最適化する取り組みを始める。農場に設置したセンサーでニンジンの生育環境を計測、栄養価が十分に高まった時期を推定して収穫する。北海道や青森など全国7道県の50農家と連携する。

 サイボウズが提供するクラウドシステム「キントーン」を基盤にニンジン生育状況監視システムを開発した。農場に設置し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《初割》実施中!日経電子版が2月末まで無料!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:01
7:01
北陸 6:05
6:00
近畿 6:00
6:00
中国 6:00
6:00
四国 6:00
6:00
九州
沖縄
2:02
2:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報