格安スマホ、普及期に 3年で7倍の540万回線

2016/6/16 0:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 格安スマートフォン(スマホ)が本格的な普及期を迎えている。調査会社のMM総研(東京・港)は15日、2016年3月末の格安スマホの契約回線が3年前に比べて7倍の約540万になったと発表した。既存の通信事業者に加え、楽天や動画配信のU―NEXTなど異業種の躍進が目立つ。高齢者や若い女性へ利用者層は広がり、顧客獲得を巡る競争は激しさを増している。

 16年3月末の契約回線数は前年同期に比べ65%増えた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 15:00
7:05
北陸 15:03
14:59
関西 6:00
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:00
1:50

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報