スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里、ペース上げ調整 幕内力士と3日連続稽古

2017/6/17 19:55
共有
保存
印刷
その他

阿武咲(手前)に稽古をつける稀勢の里(17日、千葉県習志野市の阿武松部屋)=共同

阿武咲(手前)に稽古をつける稀勢の里(17日、千葉県習志野市の阿武松部屋)=共同

 大相撲の横綱稀勢の里は17日、千葉県習志野市の阿武松部屋へ2日ぶりに出稽古し、新鋭の幕内阿武咲と27番続けて取って22勝5敗だった。左上腕付近の負傷で途中休場の夏場所から名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)へ向け、調整のペースが上がってきた。

 稀勢の里は3日連続で幕内力士と胸を合わせた。16日の新大関高安との稽古では左を差す内容が多かったが、この日は「後半10番くらいで自然と(左からの)押しやおっつけも出てきた。状態はいい」と復調ぶりを実感。「(テーピングは)今は必要ない。痛みもほぼない。一日一日、力が出てきている」と手応えをにじませた。

 所属する田子ノ浦部屋は東京での稽古を16日で終了。稀勢の里は今後も出稽古を続けるという。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

稀勢の里阿武咲力士

相撲 一覧

健康診断で身長を計測する白鵬(22日、両国国技館)=共同

 大相撲の白鵬と鶴竜の2横綱が負傷のため休場している夏巡業に23日の東京・お台場で行われる興行から合流することになった。22日、東京・両国国技館で実施された健康診断後に明らかにした。左膝痛で13日から …続き (22日 20:00)

 日本相撲協会は21日、現役力士の体調管理やけが防止を目的とし、東京都墨田区の両国国技館内にリハビリテーション施設を短期間、開設すると発表した。相撲協会では初の試み。
 対象は幕下以下の力士。期間は秋場 …続き (21日 20:04)

 大相撲の横綱白鵬が左膝痛のため、夏巡業を13日から離脱すると、日本相撲協会の玉ノ井巡業部副部長(元大関栃東)が12日、明らかにした。「膝の調子が悪く治療をするということだった」と説明した。
 東日本大 …続き (12日 22:32)

ハイライト・スポーツ

[PR]