プロ野球

ヤクルト、連敗ストップ 広島は打線振るわず3連敗

2017/4/21 21:06
共有
保存
印刷
その他

広島に勝利し、ファンにあいさつに向かうヤクルト・石川(左)と西田(21日、神宮)=共同

広島に勝利し、ファンにあいさつに向かうヤクルト・石川(左)と西田(21日、神宮)=共同

 ヤクルトが連敗を3で止めた。石川が粘り強く投げて要所を締め、7回1失点で2勝目を挙げた。打線は二回に西田の適時打で先制。四回に大引の適時打、五回に荒木の1号ソロで1点ずつ加えた。広島は打線が振るわず、3連敗。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球コラム

プロ野球 一覧

 ヤクルトが競り勝って5位浮上。1―2の六回にバレンティンの適時打で追い付き七回に坂口の二塁内野安打で1点を勝ち越した。プロ初先発の星は6回2失点。救援陣が踏ん張り九回は秋吉がしのいだ。巨人は2試合連 …続き (21:16)

 楽天は四回に今江の二塁打で先行。1―1の九回1死二塁から失策で1点を勝ち越した。岸は7回1失点と粘り、八回を抑えた森原がプロ初勝利。九回は松井裕が締めて10セーブ目。日本ハムは七回に追い付いた粘りが …続き (17:53)

9回に登板し、今季初セーブを挙げた阪神・高橋(30日、甲子園)=共同

 阪神が競り勝った。同点の八回2死満塁で北條が右前に勝ち越し打を放った。先発能見は尻上がりに調子を上げて6回2失点。3番手の桑原が2勝目。中日は一回に堂上の適時打などで2点を先制したが、二回以降は好機 …続き (17:52)

ハイライト・スポーツ

[PR]