スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

柔道全日本選手権、国際新ルールを一部採用 旗判定廃止など

2017/2/17 22:46
共有
保存
印刷
その他

 体重無差別で柔道日本一の座を争う全日本選手権(4月29日・日本武道館)の実行委員会が17日、東京都文京区の講道館で開かれ、旗判定廃止やゴールデンスコア方式で時間無制限の延長戦など国際柔道連盟(IJF)のルールを一部採用することを決めた。全日本女子選手権(4月16日・横浜文化体育館)も同じ試合方式を適用する。

 今年から試験導入されたIJFの新ルールによって廃止された「有効」と「合わせ技一本」は存続し、審判3人制も維持する折衷案となった。新ルールで男子が5分から4分に短縮された試合時間は、従来の6分を5分に短縮する。

 累積指導による反則負けは新ルールに従って4度から3度に変更され、指導だけの差ならば延長戦に入る。全日本柔道連盟の金野潤強化委員長は「選手としては闘いやすい方に傾き、好意的に捉えている」と述べた。

 IJFの新ルールは今夏の世界選手権(ブダペスト)後に検証され、正式導入の可否が決まる。全日本選手権のルールも、これを受けて再び協議する。

 全日本選手権は1948年、全日本女子選手権は86年に始まり、五輪や世界選手権の最重量級の代表最終選考会を兼ねる。これまでは日本独自のルールを採用していた。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

全日本選手権国際柔道連盟柔道ルール

格闘技 一覧

チャンピオンの鄒市明(左)を攻める木村翔(28日、上海)=共同

 【上海=共同】世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチ12回戦は28日、上海で行われ、同級6位で世界初挑戦の木村翔(28)=青木=が王者の鄒市明(中国)を11回TKOで破り、新王者となった …続き (0:01)

WBOフライ級タイトルマッチの前日計量を終えた木村翔(右)と王者の鄒市明(27日、中国・上海)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチ(28日・上海)の前日計量が27日、上海で行われ、世界初挑戦で同級6位の木村翔(青木)は50.5キロ、王者の鄒市明(中国)は50.7キロで、ともに1 …続き (27日 15:54)

 ジム会長らで組織する日本プロボクシング協会は26日、東京都内で理事会を開き、世界ボクシング機構(WBO)アジア・パシフィックのタイトル獲得経験者に対し、上部団体にあたるWBOに限って日本国内での世界 …続き (26日 20:18)

ハイライト・スポーツ

[PR]