スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

柔道全日本選手権、国際新ルールを一部採用 旗判定廃止など

2017/2/17 22:46
共有
保存
印刷
その他

 体重無差別で柔道日本一の座を争う全日本選手権(4月29日・日本武道館)の実行委員会が17日、東京都文京区の講道館で開かれ、旗判定廃止やゴールデンスコア方式で時間無制限の延長戦など国際柔道連盟(IJF)のルールを一部採用することを決めた。全日本女子選手権(4月16日・横浜文化体育館)も同じ試合方式を適用する。

 今年から試験導入されたIJFの新ルールによって廃止された「有効」と「合わせ技一本」は存続し、審判3人制も維持する折衷案となった。新ルールで男子が5分から4分に短縮された試合時間は、従来の6分を5分に短縮する。

 累積指導による反則負けは新ルールに従って4度から3度に変更され、指導だけの差ならば延長戦に入る。全日本柔道連盟の金野潤強化委員長は「選手としては闘いやすい方に傾き、好意的に捉えている」と述べた。

 IJFの新ルールは今夏の世界選手権(ブダペスト)後に検証され、正式導入の可否が決まる。全日本選手権のルールも、これを受けて再び協議する。

 全日本選手権は1948年、全日本女子選手権は86年に始まり、五輪や世界選手権の最重量級の代表最終選考会を兼ねる。これまでは日本独自のルールを採用していた。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

全日本選手権国際柔道連盟柔道ルール

格闘技 一覧

決勝 ウルフ・アロン(左)を攻める王子谷剛志。2年連続3度目の優勝を遂げた(29日、日本武道館)=共同

 体重無差別で争う柔道の全日本選手権は29日、東京・日本武道館で世界選手権(8~9月・ブダペスト)男子100キロ超級代表最終選考会を兼ねて行われ、24歳の王子谷剛志(旭化成)が決勝でウルフ・アロン(東 …続き (29日 21:01)

 体重無差別で争う柔道の全日本選手権は29日、東京・日本武道館で世界選手権(8~9月・ブダペスト)男子100キロ超級代表最終選考会を兼ねて行われる。28日は東京都文京区の講道館でリオデジャネイロ五輪同 …続き (28日 20:51)

 プロボクシングでガッツ石松ら5人の世界王者が誕生したヨネクラジムが27日、ことし8月末でジムを閉鎖すると発表した。米倉健司会長が82歳と高齢で体調が優れず指導に専念できなくなったため。「一代限り」と …続き (27日 21:10)

ハイライト・スポーツ

[PR]