スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里、高安と稽古 負傷した春場所前以来

2017/6/16 18:39
共有
保存
印刷
その他

新大関の高安(右)を相手に稽古する稀勢の里(16日、田子ノ浦部屋)=共同

新大関の高安(右)を相手に稽古する稀勢の里(16日、田子ノ浦部屋)=共同

 左上腕付近の負傷により大相撲夏場所を途中休場した横綱稀勢の里が16日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で新大関高安と続けて13番取った。稽古場で高安とぶつかり合うのはけがをした3月の春場所前以来となり、再起を目指す名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)へ収穫を得た。

 左四つで組む内容が多く、横綱の8勝5敗だった。高安がいきなり強烈な右小手投げを決めるなど最初から4連勝。稀勢の里は得意の左おっつけが出なかったが、右上手を引いて寄る取り口が目立ち、7連勝で締めた。

 横綱は阿武松部屋へ出稽古した15日に続き、負傷箇所にテーピングを施さなかった。「昨日より感触も良かった。筋肉もだいぶいい。どんどんペースを上げていく。何もしてないから(スタミナは)有り余っている」とにこやかに話した。田子ノ浦部屋は17日が名古屋入り前最後の稽古となるが、その後も出稽古などで調整を続けるという。

 高安は夏場所後で初めて関取と相撲を取った。「まだまだ体がなまっている。(稀勢の里と)肌を合わせて組んでいるだけで体に効くものがある。横綱は腰が重い」と語った。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

稀勢の里高安田子ノ浦部屋

相撲 一覧

 大相撲の横綱白鵬が左膝痛のため、夏巡業を13日から離脱すると、日本相撲協会の玉ノ井巡業部副部長(元大関栃東)が12日、明らかにした。「膝の調子が悪く治療をするということだった」と説明した。
 東日本大 …続き (12日 22:32)

合流した夏巡業で、横綱土俵入りを披露する横綱稀勢の里(10日、茨城県日立市)=共同

 大相撲の夏巡業が10日、茨城県日立市で行われ、けがのために2場所連続休場中で巡業も休んでいた横綱稀勢の里が合流した。1月の横綱昇進後では初めての巡業参加で、ご当地茨城県のファンの温かい声援を浴び「し …続き (10日 17:55)

青山学院大で行われた大相撲の夏巡業で、土俵入りを披露する横綱白鵬関(8日、東京都渋谷区)=共同

 大相撲の夏巡業が8日、東京都渋谷区の青山学院大の構内にある青山学院記念館で行われ、キャンパスでの異例の興行はほぼ満員の約4700人の来場で盛り上がった。
 大学のレスリング部員が関取衆に挑戦したり、禁 …続き (8日 19:25)

ハイライト・スポーツ

[PR]