その他スポーツ

世界陸上、競歩代表に荒井・松永ら7選手

2017/4/20 20:03
共有
保存
印刷
その他

世界選手権競歩代表に選ばれ、ポーズをとる(左か世界選手権競歩代表に選ばれ、ポーズをとる(左から)荒井広宙、小林快、松永大介、高橋英輝(20日午後、東京都内のホテル)=共同ら)荒井広宙、小林快、松永大介、高橋英輝(20日午後、東京都内のホテル)=共同

世界選手権競歩代表に選ばれ、ポーズをとる(左か世界選手権競歩代表に選ばれ、ポーズをとる(左から)荒井広宙、小林快、松永大介、高橋英輝(20日午後、東京都内のホテル)=共同ら)荒井広宙、小林快、松永大介、高橋英輝(20日午後、東京都内のホテル)=共同

 日本陸連は20日、世界選手権(8月・ロンドン)競歩代表として、男子50キロでリオデジャネイロ五輪銅メダルの荒井広宙(自衛隊)、小林快(ビックカメラ)、丸尾知司(愛知製鋼)ら7選手を発表した。荒井は4大会連続4度目、小林と丸尾は初代表。

 20キロは男女ともリオ五輪代表勢が占めた。男子は7位入賞した松永大介、高橋英輝(ともに富士通)、藤沢勇(ALSOK)、女子は岡田久美子(ビックカメラ)に決まった。補欠は男子20キロの山西利和(京大)のみ、選出された。

 記者会見で、前回大会4位の荒井は「メダルを目標にしっかり準備を進めていきたい」と意気込み、松永は「リオ五輪以上の結果が出せるんじゃないか、と感じている」と自信をのぞかせた。高橋は「不安要素を一つずつ消し、強気でいきたい」と表情を引き締め、小林は「どんな審判にも(違反を)取られないフォームを追求していきたい」と話した。

 荒井、小林、松永、高橋は日本陸連の派遣設定記録を突破し、選考会で日本人1位となった時点で代表に決まっていた。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 【ロンドン=共同】陸上の世界選手権で引退した男子短距離の元スター選手、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が17日、同選手権の400メートルリレーで負傷した左太もも裏は約3カ月の治療が必要であることを自身 …続き (8:49)

カレン・ハチャノフに逆転勝ちし、ベスト8入りした杉田祐一(17日、米シンシナティ)=ゲッティ共同

 【ニューヨーク=共同】テニスの全米オープン(28日開幕・ニューヨーク)前哨戦となるウエスタン・アンド・サザン・オープンは17日、米シンシナティで行われ、男子シングルス3回戦で世界ランキング46位の杉 …続き (8:06)

 バレーボール女子のアジア選手権は17日、マニラで行われ、前回6位の日本は決勝でタイに3―2で逆転勝ちし、5大会ぶり4度目の優勝を果たした。2セットを先取されたが、粘ってフルセットに持ち込んで第5セッ …続き (17日 23:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]