スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ボクシング山中「自信持って挑める」 13連続防衛へ練習公開

2017/8/9 18:35
共有
保存
印刷
その他

公開練習で汗を流すWBCバンタム級王者の山中慎介(9日、東京都新宿区の帝拳ジム)=共同

公開練習で汗を流すWBCバンタム級王者の山中慎介(9日、東京都新宿区の帝拳ジム)=共同

 世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチ(15日・島津アリーナ京都)で日本記録に並ぶ世界王座13連続防衛を目指す王者の山中慎介(34)=帝拳=が9日、東京都内のジムで練習を公開し「不安なところもあったが、10日前ぐらいから上がってきた。自信を持って挑める状態をつくり上げたことは満足」と手応えを口にした。

 フィリピン選手を相手に軽めのスパーリング2ラウンドをこなした。好戦的なルイス・ネリ(メキシコ)を想定し、フットワークを意識した動きを披露。22歳の挑戦者との闘いに「自然と足が動く状態に持ってこられた。(ネリは)中間距離の攻撃で力を発揮するので足を止めないようにして自分のタイミングで打ち込む。若い勢いか、経験と強さのどちらが勝るのかは試合で見せたい」と語った。

 13連続防衛は37年前に具志堅用高がマークした。元世界王者で帝拳プロモーションの浜田剛史代表が「われわれの現役当時は到底破られる記録ではないと思っていた」と述べた大記録。山中は「全勝の挑戦者相手で危機感を持って練習に取り組めた。しっかり勝って並ばせてもらいたい」と意気込みを示した。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

敗戦から一夜明け、記者会見する山中慎介(16日、京都市内のホテル)=共同

 世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチで敗れて王座から陥落し、日本最多に並ぶ世界王座13連続防衛を逃した山中慎介(34)=帝拳=が敗戦から一夜明けた16日、京都市のホテルで記者会見し …続き (16日 10:55)

 大歓声を浴び続けてきた男が、悲鳴の中で最後を迎えた。4回、パンチの雨に防戦一方になった王者に、赤コーナーからタオルが投じられた。36年前、具志堅が故郷沖縄でベルトを失ったように、山中も高校でボクシン …続き (15日 23:11)

WBCバンタム級タイトルマッチで、ルイス・ネリ(左)に4回TKO負けで王座陥落した山中慎介。世界王座13連続防衛の日本記録に並ぶことはできなかった(15日、島津アリーナ京都)=共同

 世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチ12回戦が15日、島津アリーナ京都で行われ、王者の山中慎介(帝拳)が挑戦者の同級1位、ルイス・ネリ(メキシコ)に4回2分29秒TKOで敗れ、13 …続き (15日 20:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]