アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

北朝鮮、核実験場でバレーボール 米大が分析

2017/4/19 12:11
共有
保存
印刷
その他

 【ワシントン=共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は18日、電話記者会見し、北朝鮮北東部・豊渓里にある核実験場内でバレーボールが行われている様子が、16日に撮影した衛星写真に写っていたと明らかにした。

 会見に出席した軍事動向に詳しいジョセフ・バミューデス氏は「異例だ。核実験を待機しているか、われわれをだまそうとしているかだ」と説明した。北朝鮮は核実験場が米側の監視対象になっていることを知っているという。

 会見に同席した航空宇宙学者ジョン・シリング氏は、北朝鮮がスカッドやノドンのような日韓両国を射程に入れた中距離弾道ミサイルを毎週でも発射することが可能と指摘した。

 また、北朝鮮は米本土に到達する大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射能力を、2020年までは獲得できないと推定。今年は射程の短い弾道ミサイル開発に傾注するとみられ「日本や韓国に対する脅威は差し迫っている」と警告した。

 韓国統一省報道官は19日の定例記者会見で「北朝鮮がいつでも核実験を行える状況にあるとの判断に変わりはない」と強調。核実験場でバレーボールをしているかどうかは「大して重要ではない。重要なのは、国際社会が何を考えているか北朝鮮がよく考え、正しい判断をすることだ」と述べた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]