スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

岩崎改め翔猿、新十両に昇進 名古屋場所番付編成会議

2017/5/31 11:19
共有
保存
印刷
その他

 日本相撲協会は31日、東京・両国国技館で大相撲名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)の番付編成会議を開き、日大出身の岩崎改め翔猿(25)=本名岩崎正也、東京都出身、追手風部屋=が新十両に昇進した。翔猿の兄は十両の英乃海で、史上18組目の兄弟関取が誕生した。

 再十両は11場所ぶりに復帰の阿炎(23)=本名堀切洸助、埼玉県出身、錣山部屋=1人。年寄「錦島」襲名の元関脇朝赤龍、「中村」襲名の元幕内佐田の富士ら18人の引退も発表された。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

阿武咲(手前)に稽古をつける稀勢の里(17日、千葉県習志野市の阿武松部屋)=共同

 大相撲の横綱稀勢の里は17日、千葉県習志野市の阿武松部屋へ2日ぶりに出稽古し、新鋭の幕内阿武咲と27番続けて取って22勝5敗だった。左上腕付近の負傷で途中休場の夏場所から名古屋場所(7月9日初日・愛 …続き (17日 19:55)

新大関の高安(右)を相手に稽古する稀勢の里(16日、田子ノ浦部屋)=共同

 左上腕付近の負傷により大相撲夏場所を途中休場した横綱稀勢の里が16日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で新大関高安と続けて13番取った。稽古場で高安とぶつかり合うのはけがをした3月の春場所前以来となり、 …続き (16日 18:39)

休場後初の出稽古を終え、阿武咲(右)と記念撮影する稀勢の里(15日、千葉県習志野市の阿武松部屋)=共同

 左上腕などの負傷で5月の大相撲夏場所を途中休場した横綱稀勢の里が15日、千葉県習志野市の阿武松部屋で休場後初の出稽古を行い、20歳で新鋭の幕内阿武咲と15番取った。関取と相撲を取るのも夏場所後は初め …続き (15日 19:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]