スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

横綱鶴竜関が結婚へ 23歳モンゴル人女性と

2014/12/31付
共有
保存
印刷
その他

 大相撲の横綱鶴竜関(29)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が23歳のモンゴル人女性と結婚することが31日、関係者の話で分かった。来る5月には第1子が誕生予定だという。

 お相手はウランバートル出身のダシニャム・ムンフザヤさん。モンゴルの大学生だった約1年前から交際が始まり、2人は8月ごろから東京都内の自宅で生活している。既に両親へのあいさつも済ませ、早ければ大相撲初場所(1月11日初日・両国国技館)後にも結婚届を提出する予定。関係者によると、鶴竜関はムンフザヤさんを「元気で明るい女性だ」と周囲に話しているという。

 鶴竜関は3月の春場所後に第71代横綱へ昇進。11月の九州場所では千秋楽まで横綱白鵬関と優勝を争いながら惜しくも逃した。初場所では昇進5場所目で横綱として初の賜杯が期待されている。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

阿武咲(手前)に稽古をつける稀勢の里(17日、千葉県習志野市の阿武松部屋)=共同

 大相撲の横綱稀勢の里は17日、千葉県習志野市の阿武松部屋へ2日ぶりに出稽古し、新鋭の幕内阿武咲と27番続けて取って22勝5敗だった。左上腕付近の負傷で途中休場の夏場所から名古屋場所(7月9日初日・愛 …続き (17日 19:55)

新大関の高安(右)を相手に稽古する稀勢の里(16日、田子ノ浦部屋)=共同

 左上腕付近の負傷により大相撲夏場所を途中休場した横綱稀勢の里が16日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で新大関高安と続けて13番取った。稽古場で高安とぶつかり合うのはけがをした3月の春場所前以来となり、 …続き (16日 18:39)

休場後初の出稽古を終え、阿武咲(右)と記念撮影する稀勢の里(15日、千葉県習志野市の阿武松部屋)=共同

 左上腕などの負傷で5月の大相撲夏場所を途中休場した横綱稀勢の里が15日、千葉県習志野市の阿武松部屋で休場後初の出稽古を行い、20歳で新鋭の幕内阿武咲と15番取った。関取と相撲を取るのも夏場所後は初め …続き (15日 19:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]