スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ボクシング高山、引退し東京五輪に挑戦 ミニマム級王者

2017/4/3 13:41
共有
保存
印刷
その他

プロ引退と五輪挑戦を表明したWBOミニマム級チャンピオンの高山勝成選手(3日、愛知県尾張旭市)=共同

プロ引退と五輪挑戦を表明したWBOミニマム級チャンピオンの高山勝成選手(3日、愛知県尾張旭市)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級チャンピオンの高山勝成選手(33)=仲里=が3日、プロを引退し、2020年東京五輪出場を目指すことを明らかにした。

 愛知県尾張旭市で行われた名古屋産大の入学式に出席した後の記者会見で「プロとしてはやりきった。五輪を集大成の目標としてこれからキャリアを積んでいきたい」と表明した。世界王者がプロを引退し、五輪出場を目指すのは異例。今後はアマチュア側と調整などが必要になるとみられ「まだどうなるか分からない。手探りで戦っていく」と話した。

 高山選手は大阪府出身で、日本で初めて世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)、世界ボクシング評議会(WBC)、WBOの主要4団体を全て制した。昨年8月には負傷判定勝ちで通算6度目の世界王座を奪取した。

 今春には将来の教員免許取得を目指して30歳で入学した愛知・菊華高を卒業。今後は過去の試合で負傷したまぶたの治療をしながら、進学した名古屋産大がある愛知県に拠点を移して活動する。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

米国での防衛戦に向け、記者会見するWBOスーパーフライ級王者の井上尚弥(19日、東京都内)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)が9月9日(日本時間10日)に6度目の防衛戦を米国で行うと19日、所属ジムなどが発表した。開催地は未定。米国では初の試合となる。相手 …続き (19日 13:36)

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級チャンピオンの福原辰弥(本田フィットネス)が8月27日に熊本県芦北町で、同級1位の山中竜也(真正)を迎えて初防衛戦に臨むことが19日、所属ジムから発表された。
  …続き (19日 12:40)

男子グレコローマン59キロ級で2連覇を果たし、ガッツポーズする文田健一郎(18日、代々木第二体育館)=共同

 レスリングの世界選手権(8月・パリ)代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権最終日は18日、東京・代々木第二体育館で男女計7階級が行われ、男子グレコローマンスタイル59キロ級で昨年の全日本選手権王者の文田 …続き (18日 19:33)

ハイライト・スポーツ

[PR]