プロ野球

阪神が広島下し4連勝 メッセンジャー9勝目

2017/7/17 21:55
共有
保存
印刷
その他

広島戦に先発した阪神・メッセンジャー(17日、甲子園)=共同

広島戦に先発した阪神・メッセンジャー(17日、甲子園)=共同

 阪神が4連勝。メッセンジャーは5四球を与えながらも要所を締め、6回1失点でリーグトップに並ぶ9勝目。0―1の四回に糸原、梅野の連続適時打で逆転。桑原ら救援陣の力投で逃げ切った。広島は押し出し四球による1点だけ。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球コラム

プロ野球 一覧

ヤクルト戦に先発した阪神・メッセンジャー(23日、神宮)=共同

 阪神はメッセンジャーが投打で活躍。三回に来日初の本塁打となる先制ソロ。投げては12三振を奪い、8回無失点でリーグトップに並ぶ10勝目。打線は七回に代打中谷のソロなどで4点を追加。ヤクルトは粘る小川を …続き (21:28)

9回、サヨナラ2ランを放ちナインに迎えられるDeNA・筒香=右端(23日、横浜)=共同

 DeNAが今季3度目のサヨナラ勝ちを収めた。6―6の九回、2死から柴田が中前打で出塁し、筒香が14号2ランを放ち、試合を決めた。5番手の山崎康が2勝目。巨人は八回に4点差を追い付いたが、最後は高木勇 …続き (21:28)

5回西武無死一、二塁、秋山が右中間に勝ち越し3ランを放つ(23日、メットライフドーム)=共同

 西武が一発攻勢で3連勝を飾った。2―2の五回、秋山の右中間への勝ち越し3ランと栗山の3ランで一挙に6点を挙げた。ウルフが6回2失点で7勝目。日本ハムはプロ初先発の上原が五回途中4失点と粘れず3連敗と …続き (18:07)

ハイライト・スポーツ

[PR]