フィギュア

フィギュア宮原、世界選手権を欠場 けがの影響で

2017/3/20 17:44
共有
保存
印刷
その他

 日本スケート連盟は20日、フィギュアスケート女子のエース、宮原知子(関大)が左股関節のけがの影響で29日開幕の世界選手権(ヘルシンキ)を欠場すると発表した。世界選手権には来季の平昌冬季五輪の国別出場枠が懸かっており、日本女子は最大の3枠獲得へ厳しい状況に立たされた。

 全日本選手権3連覇中で、グランプリ・ファイナルも2季連続2位の宮原は、2月に左股関節の疲労骨折が発表され、同月の四大陸選手権と札幌冬季アジア大会を欠場。世界選手権出場を目指してきたが、関係者によると痛みで満足な練習ができなかった。

 世界選手権には、ともに初出場となる四大陸選手権優勝の三原舞依(神戸ポートアイランドク)と全日本選手権2位の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)に加え、宮原の代わりに本郷理華(邦和スポーツランド)が繰り上がりで出場する。上位2人の順位の合計が「13以内」であれば五輪の出場枠3を確保できるが、「14~28」だと2枠にとどまる。

 宮原は「徐々に練習量を増やし、調整してきたが、痛みが継続するため棄権を決断した。来シーズンに向けて今は治療に専念し、完全復帰ができるよう頑張る」とのコメントを発表した。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュアスケートコラム

フィギュア 一覧

 フィギュアスケート男子の宇野昌磨(中京大)が1日、平昌冬季五輪シーズンとなる来季のショートプログラム(SP)をビバルディの「四季」の「冬」、フリーを2季ぶりにオペラ「トゥーランドット」で滑ると自身の …続き (1日 21:47)

寄せ書きと写真に納まる参加選手ら(30日、東京都北区)=共同

 日本オリンピック委員会(JOC)が東京都内で開いている来年の平昌冬季五輪に向けた研修会で30日、書道家の武田双雲さんが講演した。参加選手が「自分が一番大切にしている」漢字を寄せ書きした紙で書道の実演 …続き (30日 20:47)

 日本スケート連盟は27日、東京都内で2016~17年シーズンの表彰祝賀会を開き、10年バンクーバー冬季五輪フィギュア女子銀メダリストで今月引退した浅田真央さんを特別表彰した。連盟初の特別表彰を受け、 …続き (28日 8:36)

ハイライト・スポーツ

[PR]