スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

具志堅氏、国際ボクシング殿堂入り 元ライトフライ級王者

2015/6/15付
共有
保存
印刷
その他

国際ボクシング殿堂入りし、沿道の声援に応えながらパレードする元世界ライトフライ級王者の具志堅用高氏(14日、米ニューヨーク州カナストータ)=共同

国際ボクシング殿堂入りし、沿道の声援に応えながらパレードする元世界ライトフライ級王者の具志堅用高氏(14日、米ニューヨーク州カナストータ)=共同

 【カナストータ(米ニューヨーク州)=共同】ボクシング界の功労者を表彰する国際ボクシング殿堂の式典が14日、米ニューヨーク州カナストータで行われ、元世界ライトフライ級王者で13連続王座防衛の日本記録を持つ具志堅用高氏(59)は英語を交えたスピーチで「この素晴らしい一日を忘れない。殿堂入りの仲間入りを果たせて大変うれしい」と感激に浸った。

 記念に名前が彫られたリングを手にした。スピーチの最後に英語で「またここに戻ってきます」と語ると、観客から大きな拍手が送られた。式典前に殿堂周辺で行われたパレードではオープンカーに乗り、手を振るなどして声援に応えていた。

 具志堅氏とともに世界フライ級王者のまま1973年に23歳で交通事故死した大場政夫氏が殿堂入りし、所属した帝拳ジム関係者が代理で表彰を受けた。日本人の殿堂入りは世界2階級制覇のファイティング原田(本名原田政彦)氏、国際的マッチメーカーのジョー小泉(本名小山義弘)氏、帝拳ジムの本田明彦会長を含めて5人となった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

5度目の防衛から一夜明け、記者会見するWBAフライ級王者の井岡一翔(24日、大阪市)=共同

 世界ボクシング協会(WBA)フライ級王座の5度目の防衛を果たし、具志堅用高が持つ世界戦通算14勝の日本記録に並んだ井岡一翔(井岡)が勝利から一夜明けた24日、大阪市内の所属ジムで記者会見し「並べたこ …続き (24日 20:45)

2回、ノクノイ(左)を攻める井岡一翔(23日、エディオンアリーナ大阪)=共同

 ボクシングのダブル世界戦各12回戦が23日、エディオンアリーナ大阪で行われ、世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者の井岡一翔(井岡)は同級2位のノクノイ・シットプラサート(タイ)に3―0で判定勝ち …続き (23日 21:33)

WBOバンタム級タイトルマッチの前日計量で、再計量にも失敗し、肩を落とす王者のマーロン・タパレス(22日、大阪市)=共同

 ボクシングのダブル世界戦(23日・エディオンアリーナ大阪)の前日計量が22日、大阪市内で行われ、世界ボクシング機構(WBO)バンタム級王者のマーロン・タパレス(フィリピン)が、制限体重の53.5キロ …続き (22日 16:23)

ハイライト・スポーツ

[PR]