スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

朝比奈、初の世界選手権代表に 柔道全日本女子を初制覇

2017/4/16 21:36
共有
保存
印刷
その他

準決勝で高山莉加(下)に一本勝ちした朝比奈沙羅(16日、横浜文化体育館)=共同

準決勝で高山莉加(下)に一本勝ちした朝比奈沙羅(16日、横浜文化体育館)=共同

 体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権は16日、世界選手権(8~9月・ブダペスト)78キロ超級代表最終選考会を兼ねて横浜文化体育館で行われ、20歳の朝比奈沙羅(東海大)が決勝で田知本愛(ALSOK)に優勢勝ちして初優勝を果たし、初の世界選手権代表にただ一人選ばれた。28歳の田知本は2年ぶり2度目の頂点を逃した。

 3度目の出場となった朝比奈は力強い柔道で勝ち上がり、準決勝までの4試合中3試合で一本勝ちを収めた。田知本との決勝は払い巻き込みで有効を奪った。

 昨夏のリオデジャネイロ五輪78キロ超級銅メダルで2連覇を狙った山部佳苗(ミキハウス)は、3回戦で高山莉加(三井住友海上)に延長戦で敗れた。高山と緒方亜香里(了徳寺学園職)が3位。

 今大会から旗判定廃止やゴールデンスコア方式で時間無制限の延長戦など国際柔道連盟(IJF)の新ルールを一部採用。試合時間は6分から5分に短縮された。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 テコンドーの世界選手権第2日は25日、韓国の茂朱で行われ、女子49キロ級の山田美諭(東京都協会)は1、2回戦を勝ち進んだが、3回戦で中国選手に敗れた。男子74キロ級の浜田康弘(全日本協会)は初戦の2 …続き (25日 21:58)

柔道の全日本学生優勝大会決勝 明大の田中(下)から大内刈りで技ありを奪った東海大のウルフ(25日、日本武道館)=共同

 団体戦で争う柔道の全日本学生優勝大会最終日は25日、東京・日本武道館で体重無差別の7人制による男子が行われ、東海大が決勝で明大を3―0で退け、2連覇を達成した。最近10年間で9度制し、史上最多の優勝 …続き (25日 18:04)

米国での防衛戦に向け、記者会見するWBOスーパーフライ級王者の井上尚弥(19日、東京都内)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)が9月9日(日本時間10日)に6度目の防衛戦を米国で行うと19日、所属ジムなどが発表した。開催地は未定。米国では初の試合となる。相手 …続き (19日 13:36)

ハイライト・スポーツ

[PR]