スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里は春巡業全休へ 春場所で負傷、治療に専念

2017/4/16 20:55
共有
保存
印刷
その他

 左上腕部などを負傷している大相撲の横綱稀勢の里が16日、休場中の春巡業を全休する方向となった。同日に日本相撲協会巡業部の玉ノ井副部長(元大関栃東)が「(途中参加の)連絡はない。恐らく出てこないと思う」と示唆した。春巡業は30日まで行われる。

 稀勢の里は新横綱だった3月の春場所13日目に負傷。けがを押しての強行出場で優勝したが、3月27日付の診断書で「左大胸筋損傷、左上腕二頭筋損傷で約1カ月の療養は必要」とされていた。

 4月上旬から四股などの稽古は既に再開。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は「(5月の)夏場所に向け、今はけがを治すことに専念してもらいたい」と述べた。

 玉ノ井副部長は故障により春巡業を休場している横綱白鵬と豪栄道、照ノ富士の2大関が、17日に東京・靖国神社で行われる奉納相撲から合流することを明らかにした。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

大相撲相撲稀勢の里豪栄道照ノ富士白鵬春場所巡業全休

相撲 一覧

大相撲名古屋場所の番付表を手に、記者会見する新大関の高安関(26日、愛知県長久手市の田子ノ浦部屋宿舎)=共同

 日本相撲協会は26日、大相撲名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)の新番付を発表し、27歳の高安が大関に昇進した。番付は東の2番目となる。平成生まれの日本出身力士では初。
 注目度急上昇の新大関は愛 …続き (26日 19:38)

新大関高安関(左)らとイベントに出席した横綱稀勢の里関=中央(26日午前、愛知県長久手市の田子ノ浦部屋宿舎)=共同

 左上腕などの負傷で5月の大相撲夏場所を途中休場した横綱稀勢の里が26日、「1週間以上前から関取とも稽古をしている。あとはこちらで精度を上げていく。初日に向けて準備をするだけだ」と名古屋場所出場に意欲 …続き (26日 12:33)

 日本相撲協会は26日、大相撲名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)の新番付を発表し、新大関の高安は東の2番目に就いた。新大関誕生は2015年名古屋場所の照ノ富士以来で、平成生まれの日本出身力士では …続き (26日 6:43)

ハイライト・スポーツ

[PR]