スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里は春巡業全休へ 春場所で負傷、治療に専念

2017/4/16 20:55
共有
保存
印刷
その他

 左上腕部などを負傷している大相撲の横綱稀勢の里が16日、休場中の春巡業を全休する方向となった。同日に日本相撲協会巡業部の玉ノ井副部長(元大関栃東)が「(途中参加の)連絡はない。恐らく出てこないと思う」と示唆した。春巡業は30日まで行われる。

 稀勢の里は新横綱だった3月の春場所13日目に負傷。けがを押しての強行出場で優勝したが、3月27日付の診断書で「左大胸筋損傷、左上腕二頭筋損傷で約1カ月の療養は必要」とされていた。

 4月上旬から四股などの稽古は既に再開。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は「(5月の)夏場所に向け、今はけがを治すことに専念してもらいたい」と述べた。

 玉ノ井副部長は故障により春巡業を休場している横綱白鵬と豪栄道、照ノ富士の2大関が、17日に東京・靖国神社で行われる奉納相撲から合流することを明らかにした。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

大相撲相撲稀勢の里豪栄道照ノ富士白鵬春場所巡業全休

相撲 一覧

 大相撲の横綱白鵬が左膝痛のため、夏巡業を13日から離脱すると、日本相撲協会の玉ノ井巡業部副部長(元大関栃東)が12日、明らかにした。「膝の調子が悪く治療をするということだった」と説明した。
 東日本大 …続き (12日 22:32)

合流した夏巡業で、横綱土俵入りを披露する横綱稀勢の里(10日、茨城県日立市)=共同

 大相撲の夏巡業が10日、茨城県日立市で行われ、けがのために2場所連続休場中で巡業も休んでいた横綱稀勢の里が合流した。1月の横綱昇進後では初めての巡業参加で、ご当地茨城県のファンの温かい声援を浴び「し …続き (10日 17:55)

青山学院大で行われた大相撲の夏巡業で、土俵入りを披露する横綱白鵬関(8日、東京都渋谷区)=共同

 大相撲の夏巡業が8日、東京都渋谷区の青山学院大の構内にある青山学院記念館で行われ、キャンパスでの異例の興行はほぼ満員の約4700人の来場で盛り上がった。
 大学のレスリング部員が関取衆に挑戦したり、禁 …続き (8日 19:25)

ハイライト・スポーツ

[PR]