プロ野球

川上が現役引退を表明 元中日エース、セMVP

2017/3/19 14:57
共有
保存
印刷
その他

 プロ野球の中日でエースを務め、米大リーグのブレーブスにも所属した川上憲伸投手(41)が19日、現役引退を表明した。名古屋でテレビ番組に出演し「ユニホームを脱ぐ決意をした」と語った。2015年9月に右肩を手術し、同年に中日を退団。その後は無所属のまま復帰を目指してリハビリとトレーニングを積んでいた。

 番組では「すっきりした。重い荷が下りた。でも寂しい」と率直な思いを吐露。理由については「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)での選手のガッツや投球を見て自信がなくなった」と説明した。今後はこれまで同様、野球評論家として活動する。

 川上投手は徳島商高から明大を経てドラフト1位で1998年に中日入り。2004年は17勝で最多勝に輝き、セ・リーグ優勝に貢献。沢村賞と最優秀選手(MVP)も受賞した。08年オフにフリーエージェント(FA)でブレーブス入りし、8勝(22敗)を挙げた。12年から中日に戻った。日本での通算成績は275試合登板で117勝76敗1セーブ。

 中日によると今のところ引退セレモニーなどの予定はないという。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

10回、サヨナラ2ランを放ち、首脳陣に祝福される巨人・宇佐見=右から3人目(18日、東京ドーム)=共同

 くるっと体を回転させてスライダーをとらえた打球を「飛んだ瞬間、越えたなと思った」。延長十回2死二塁、巨人・宇佐見のプロ初打点は劇的なサヨナラ弾。負ければクライマックスシリーズ進出が遠のく3位DeNA …続き (18日 23:47)

 危なげない投球で楽天打線を翻弄した。ソフトバンクの東浜が7回を3安打1失点でリーグ単独トップに立つ13勝目。プロ入りから今年6月までは5戦5敗と苦手だった仙台で、7月27日に続いて2連勝。首位に立つ …続き (18日 23:32)

10回巨人2死二塁、宇佐見が右越えにサヨナラ2ランを放つ(18日、東京ドーム)=共同

 巨人がサヨナラ勝ちした。4―7の七回に陽岱鋼の3ランで追い付き、延長十回に宇佐見がプロ2年目で初本塁打となる2ランを放ち、試合を決めた。カミネロが九回から登板し、2回無失点で2勝目。DeNAは連勝が …続き (18日 22:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]