プレスリリース

NEDO、フェロコークスを活用した製銑プロセスの技術開発に着手

2017/5/19 18:10
共有
保存
印刷
その他

発表日:2017年5月19日

フェロコークスを活用した製銑プロセスの技術開発に着手

―2022年頃までにエネルギー消費量10%削減を目指す―

 

 NEDOは、一般炭と低品位鉄鉱石からつくられるフェロコークスを活用した省エネ効果とCO2削減効果の大きい製銑プロセス技術開発に着手します。

 この技術開発では、フェロコークス製造量300トン/日規模の中規模製造設備の実証研究を経て、フェロコークス製造技術を確立し、2022年頃までに製銑プロセスのエネルギー消費量10%削減を目指します。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

1.概要

 鉄鋼業は国内の産業部門の中でCO2排出量の約44%、国全体の約14%を占める(2014年度)最大のCO2排出業種であり、その中でも特にエネルギー使用量とCO2排出量の多い高炉法による製鉄プロセスでは地球温暖化対策として抜本的な省エネルギー化とCO2排出量削減が求められています。

 NEDOでは、2013年度より環境調和型製鉄プロセス技術開発の水素還元型製鉄プロセス技術開発にて、高炉法による製鉄所のCO2発生量を抜本的に削減し、地球温暖化防止に貢献するため、高炉からのCO2の発生量を減少させる技術や発生したCO2を分離・回収する技術の開発を目的にプロジェクトを進めています。今般、新たにフェロコークス活用製銑プロセス技術開発を開始します。本技術は、製鉄プロセスの一部である製銑プロセスにおいて、一般炭と低品位鉄鉱石の混合成型・乾留(※1)により生成されたフェロコークス中に含まれる金属鉄の触媒作用を活用して、高炉内の還元効率を飛躍的に高めることで、従来よりも高炉内に入れるコークス量を削減することができる省エネルギー技術です。

 具体的には、実機設備(フェロコークス製造量1500トン/日)の前段階である、300トン/日規模の中規模製造設備を建設し、混合成型・乾留の実証研究を行い、フェロコークス製造技術を確立します。また、製造したフェロコークスを溶銑製造量10000トン/日の実高炉内に連続的に長期に入れたときの高炉の還元材比(※2)や操業安定性(特に通気性)に及ぼす影響を確認します。また、製銑プロセス全体の物質・エネルギーバランスから省エネルギー効果を評価し、さらに数値シミュレーション等を活用することで、製銑プロセスのエネルギー消費量10%削減を目指します。

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0445604_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0445604_02.pdf

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 24日 7:01
24日 7:00
東北 24日 7:01
24日 7:00
関東 24日 7:01
24日 7:01
東京 24日 7:00
24日 7:00
信越 24日 7:00
24日 7:00
東海 1:30
25日 23:02
北陸 24日 6:05
24日 6:00
関西 24日 6:05
24日 6:02
中国 24日 5:55
24日 5:50
四国 24日 6:05
24日 6:03
九州
沖縄
25日 1:27
24日 6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報