プレスリリース

企業名|産業
NTTドコモ情報・通信

NTTドコモ、表形式のデータからチャットボットを自動作成するツールを開発

2017/5/19 16:15
共有
保存
印刷
その他

発表日:2017年5月19日

表形式のデータからチャットボットを自動作成するツールを開発

-ABCクッキングスタジオとの実証実験を通じ、チャットボット精度の向上をめざす-

 

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、表形式のデータ(以下、表データ)からチャットボットを自動作成するツールを開発いたしました。

チャットボットとはお客さまの問い合わせに人工知能(AI)が回答するプログラムです。

 従来、チャットボットサービス提供者は一つ一つ質問と回答を組み立てるフローチャート形式などでチャットボットを作成しており、作成・維持管理コストが非常にかかるという課題がありました。本ツールを利用すると、チャットボットサービス提供者はチャットボットの回答とその回答を導くために必要なキーワードをまとめた表データを準備するだけでチャットボットを自動作成することが可能なため、作成・維持管理コストを50%程度軽減(※1)させることが可能です。

 本ツールが、2017年5月19日(金曜)から2017年7月31日(月曜)までの間、株式会社ABC Cooking Studio(以下、ABCクッキングスタジオ)の「献立チャットボット」サービスに活用され、お客さま向け(※2)にトライアル提供されます。「献立チャットボット」サービスはコミュニケーションアプリ「LINE」と連携しており、お客さまが冷蔵庫にある食材をLINEのABCクッキングスタジオの献立チャットボットアカウントに入力するだけで最適なレシピ(料理名)を提案するサービスです。この「献立チャットボット」サービスは、ABCクッキングスタジオが提案するレシピとそのレシピを導くために必要な食材など約1,400個のキーワードを表形式で作成し、本ツールを用いて自動作成されたものです。なお、本サービスはチャットボットAPI作成プラットフォーム「Repl-AI(レプルエーアイ)(※3)」で提供されるLINE連携機能を活用しております。

 ドコモは、本トライアルを通じて得られたチャットボットの対話ログを分析することで、本ツールの課題点などを明確化し、チャットボットの回答精度向上をめざしてまいります。

 ドコモは2017年度内(予定)に本ツールの商用化により、企業におけるお客さま応対やコールセンターなどでのチャットボット導入をめざしてまいります。

 ※1

  100個の質問へ回答するチャットボットを作成する場合、従来のフローチャート形式では1人月かかる工程が、本ツールを活用すると0.5人月の工程になります。(ドコモ調べ)

 ※2

  トライアル提供は、ABCクッキングスタジオ会員よりモニターを募集し、提供いたします。

 ※3

  Repl-AIは、ドコモの「自然対話プラットフォーム」(※4)を活用した好みのチャットボットを自由に作成することができるチャットボット作成・提供プラットフォームです。

 ※4

  「自然対話プラットフォーム」を構成する技術の一部にNTTグループのAI「corevo®」の技術が含まれております。

■別紙1・別紙2

 *添付の関連資料を参照

 ※「corevo」は日本電信電話株式会社の登録商標です。

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

別紙1・別紙2

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0445568_01.pdf

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 24日 7:00
24日 7:00
東北 24日 7:01
24日 7:00
関東 24日 12:30
24日 7:01
東京 24日 7:01
24日 7:00
信越 24日 7:00
24日 7:00
東海 4:00
4:00
北陸 24日 6:02
24日 6:00
関西 1:51
24日 6:32
中国 24日 7:02
24日 7:01
四国 24日 7:01
24日 7:01
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報