プレスリリース

企業名|産業
オイシックス流通・外食

アマゾン、新鮮で高品質な食料品を購入できる「Amazonフレッシュ」を東京の一部地域で提供開始

2017/4/21 17:15
共有
保存
印刷
その他

発表日:2017年4月21日

「Amazonフレッシュ」、東京の一部地域でサービス開始

~野菜、果物、鮮魚、精肉などの生鮮食品や専門店グルメから日用品まで10万点以上の商品の購入が可能に~

 

 総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)は、4月21日より、新鮮で高品質な食料品を購入できるAmazonプライム会員向けの新たなサービス、「Amazonフレッシュ」http://www.amazon.co.jp/freshを提供開始いたしました。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 Amazonフレッシュでは、野菜、果物、鮮魚、精肉、乳製品といった1万7,000点以上の新鮮で高品質な食料品のほか、キッチン用品、健康・美容用品、ベビー用品、ペット用品などの日用品・雑貨も取り扱い、合計で10万点以上の商品を購入することができます。一般的なスーパーで購入できる食品や日用品はもちろん、人形町今半の精肉、モンシェールで人気のロールケーキ「堂島ロール」、Oisixの有機野菜をはじめとする厳選した野菜や果物など、専門店のこだわりの食品・食材も多数取り揃えています。また、契約農園から仕入れた採れたての新鮮な野菜や、その日の朝に加工した鮮魚などを販売する「新鮮市」を週に2回開催予定です。

 配送対象エリアは東京都の港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区の6区域(一部エリアを除く)より開始し、今後順次拡大していく予定です。Amazonプライム会員の方は、Amazonフレッシュの30日間の無料体験にご登録いただくことができ、その後は月額500円(税込)にてAmazonフレッシュをご利用いただけます。Amazonフレッシュは、Amazon.co.jpのWebサイトにてご利用いただくことができ、Amazonショッピングアプリからもご利用可能です。

 今回のサービス開始にあたり、アマゾンジャパン合同会社 社長のジャスパー・チャンは次のように述べています。「本日、Amazonプライム会員のお客様を対象に、生鮮食品や専門店のこだわりの食材から日用品まで幅広くご提供するAmazonフレッシュのサービスを開始できることを大変嬉しく思っています。このサービスにより、お客様はお気に入りの食品をより便利にお買い求めいただけるようになります。Amazonフレッシュで目指しているのは、新鮮さ、豊富な品揃え、高品質、お求めやすい価格、迅速かつ便利な配達サービス、そして優れたお買い物体験といった、Amazonのお客様が期待されているあらゆる要素を同時にご提供することです。最高のお買い物体験を確実にお客様にご提供できるよう、限定された地域でサービスを開始し、準備が整い次第、対象地域を拡大していく予定です。」

 Amazonは2008年より食品の取り扱いを開始しました。「食品&飲料」ストア(https://www.amazon.co.jp/b/ref=amb_link_106952549_3?_encoding=UTF8&node=57239051&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-1&pf_rd_r=2F0QFNECWK3K3N2EZ2SH&pf_rd_t=2701&pf_rd_p=439600489&pf_rd_i=pr-20170421)では、こだわりの商品、海外輸入品、健康食品を含む、数多くの商品を扱っています。また2015年9月に、AmazonはAmazonパントリー(https://www.amazon.co.jp/b/ref=amb_link_106952549_4?_encoding=UTF8&node=3485873051&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-1&pf_rd_r=2F0QFNECWK3K3N2EZ2SH&pf_rd_t=2701&pf_rd_p=439600489&pf_rd_i=pr-20170421)の提供を開始しました。これは全国のAmazonプライム会員を対象としたサービスで、食品・飲料、家庭用品、ベビー・子ども用品、ペット用品、健康・美容用品など、毎日の生活に必要な2万5千種類を超える商品を、お求めやすい価格にて必要な分だけお買い求めいただけます。お客様は専用のAmazonパントリーBoxにお好きな量の商品を詰めることができ、1箱あたり290円(税込)の料金で翌日のお届けが可能です。

 Amazonフレッシュは、2007年に米国シアトルでサービスを開始し、2017年4月現在でニューヨーク、スタンフォード、トレントン、フィラデルフィア、ボストン、ボルティモア、ワシントン市、北バージニア、シカゴ、ダラス、アトランタ、マイアミ、そしてカリフォルニア州の7地域(ロサンゼルス、リバーサイド、サクラメント、サンディエゴ、サンフランシスコ、サンノゼ、ストックトン)に拡大しています。英国では、2016年7月にロンドンの一部地域で開始され、現在サリーおよびハンプシャーに拡大しています。

 Amazonは、今後も品揃えの拡大と利便性の向上を追求し、サービスの強化に努めてまいります。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0443280_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0443280_02.pdf

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 28日 7:01
28日 7:00
東北 28日 7:00
28日 7:00
関東 28日 7:01
28日 7:00
東京 28日 7:00
28日 7:00
信越 28日 7:01
28日 7:01
東海 28日 23:15
28日 23:13
北陸 28日 7:01
28日 7:00
関西 28日 7:00
28日 6:01
中国 28日 7:01
28日 7:01
四国 28日 11:50
28日 7:01
九州
沖縄
28日 23:48
28日 23:48

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報