プレスリリース

住友電工、小型10G-EPON局側装置「FSU7102」などがエヌ・シィ・ティで採用

2017/2/17 17:35
共有
保存
印刷
その他

発表日:2017年2月17日

株式会社エヌ・シィ・ティに当社製小型10G-EPONが採用

 

 当社の小型10G-EPON(*1)局側装置「FSU7102」と家庭向け端末装置「FTE7553-BAX」が、新潟県のケーブルテレビ事業者である株式会社エヌ・シィ・ティ(本社:新潟県長岡市、代表取締役社長 澤田正彦、以下エヌ・シィ・ティ)に採用されました。

 当社製10Gプラットフォームは、CATV用FTTHで主流となりつつあるEPONを採用し、北米の10G-EPON市場でトップシェアとなっています。国内においても優れた品質や信頼性、保守性を評価され、多数のケーブルテレビ事業者に当社10G-EPONシステムが採用されています。

 当社はこのたび、従来製品より半分以下にダウンサイズした小型10G-EPON局側装置「FSU7102」を製品化し、本製品のエヌ・シィ・ティへの採用が決定いたしました。

 エヌ・シィ・ティは、これまで光ファイバケーブルと同軸ケーブルを使用した光同軸ハイブリッドシステム(HFC(*2))でのネットワーク構築を行なっていた地域において、当社製FSU7102を用いたFTTH(*3)システムを導入することにより、新潟県最速となる10Gbps通信サービスの提供を本年1月より開始しています。FSU7102に10G-EPON用回線カードを搭載し、家庭向け10G対応端末「FTE7553-BAX」と接続することで、一般加入者も10Gbpsの通信が利用可能となります。

 今後も当社は10G-EPONシステムの製品ラインナップの充実を進めることで、高速・快適・安全なブロードバンドインフラの普及と発展に積極的に取り組んでいきます。

<エヌ・シィ・ティ 澤田正彦代表取締役社長からのコメント>

 現在、当社では光化に着手し、従来のHFCエリアであった長岡市・三条市のFTTH化に加え、見附市を新たなエリアとして拡大すべく工事を進めております。この光化計画の立案において、近年のトラフィック急増と将来的なIPによる4K/8K放送等への対応も見据え、従来の1Gを超える通信システムの導入が不可欠だと考えました。

 そこで、国内や北米でのCATV事業者への導入実績があり、128分岐により効率的なFTTHネットワークが実現可能な住友電工の10G-EPONシステム、特に省電力化・省スペース化された小型筐体FSU7102が当社に最適と考え、今回の採用を決めました。

 ※製品画像は添付の関連資料を参照

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ・DPoE、DOCSIS は、米国 Cable Television Laboratories, Inc.の米国及びその他の国における商標または登録商標です。

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0436910_01.JPG

製品画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0436910_02.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0436910_03.pdf

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 23:15
22:34
北陸 6:32
6:30
関西 23:41
6:01
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
21:30
21:29

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報