首相「国際社会は難民問題で連携すべき」 参院予算委、米入国制限への言及は控える

2017/1/30 9:54
共有
保存
印刷
その他

 参院予算委員会は30日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席し、2016年度第3次補正予算案の総括質疑に入った。首相はトランプ米大統領が難民や「テロ懸念国」の市民の入国を制限する大統領令に署名したことについて「コメントする立場にないが、難民への対応は国際社会が連携して対応していくべきだ」との考えを示した。

 28日夜のトランプ米大統領との電話会談について首相は「日米同盟の揺るぎない姿を世界に発信していくことで一致した」と説明した。

 いずれも民進党の蓮舫代表への答弁。

 蓮舫氏は米国の入国制限を「報復や分断をうむような対応」との懸念を表明。トランプ大統領には保護主義的な言動が目立つとも指摘した。2月10日のワシントンでの日米首脳会談に関しては「主張すべきは主張し、安易に妥協しないようにお願いしたい」と首相に求めた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

政府安倍晋三蓮舫難民問題国際社会予算委員会参議院

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:01
7:00
北陸 7:00
7:00
関西 6:03
6:02
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報