日経平均、再び1万5千円割れ 厚労相発言で揺れる
証券部 荻野卓也

2014/10/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 21日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落した。前日比306円安の1万4804円と、心理的な節目の1万5000円を2営業日ぶりに下回った。20日に日経平均が600円近く上昇した反動で目先的な利益確定の売りが出やすかった。午前の取引では相場に底堅さもみられたが、午後になって急速に売りが膨らんだ。日経平均の下げ幅は一時350円近くに広がった。きっかけの1つとして市場参加者が指摘するのが、年金積立…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料!お申し込みはこちら

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:05
7:01
北陸 6:10
6:00
関西 6:02
6:00
中国 6:00
6:00
四国 6:00
6:00
九州
沖縄
2:00
1:32

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報