時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,686,321億円
  • 東証2部 78,795億円
  • ジャスダック 81,956億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.32倍 --
株価収益率17.90倍16.92倍
株式益回り5.58%5.90%
配当利回り1.68% 1.69%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 18,877.71 -13.32
日経平均先物(円)
大取,17/03月
18,820 -100

[PR]

国内株概況

東証14時、下げ渋る 300円安に迫るも大納会終値水準で押し目買い

2017/1/12 14:25
保存
印刷
その他

 12日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下げ渋っている。前日比170円程度安い1万9100円台後半で推移している。午後に入って下げ幅は300円に迫る場面があった。外国為替市場で円相場が強含んだことが株式市場全体の重荷となっているが、16年の大納会の終値、1万9114円を下回った水準では押し目買いが入った。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も下げ渋っている。

 外国為替市場で円相場は1ドル=114円台前半まで上昇する場面があった。日経平均は25日移動平均線(1万9192円程度)を下回って推移している。一方、日銀の上場投資信託(ETF)の買いが相場を下支えしているとの見方がある。

 14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆6396億円、売買高は14億7120万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1706と、12時45分時点から増加した。値上がりは248、変わらずは50銘柄だった。

 東芝小野薬が下げ幅を拡大。資生堂ユニチャームは一段安。旭化成味の素も下げている。半面、イオンは上げ幅を拡大。東エレクソニーダイキンは上昇している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

ニューヨーク市場の動き

相場と投資を読み解く

12日公開の「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

新着記事一覧

読まれたコラム