時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,898,673億円
  • 東証2部 89,695億円
  • ジャスダック 91,287億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.28倍 --
株価収益率16.64倍15.40倍
株式益回り6.00%6.48%
配当利回り1.70% 1.73%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 19,686.84 -126.29
日経平均先物(円)
大取,17/06月
19,710 -90

[PR]

国内株概況

東証14時 安値圏で膠着 売買手控えムード広がる

2017/3/21 14:26
共有
保存
印刷
その他

 21日午後中ごろの東京株式市場で日経平均株価は、同日の安値圏で膠着している。前週末に比べ60円ほど安い1万9400円台半ばの水準を保った。外国為替市場で円相場が強含み、警戒した売りに押されている。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も軟調に推移している。

 高値と安値の差である値幅は午後に28円ほどと、午前の147円に比べ小さい。「日本独自の買い材料がなく、投資家の手控えムードが市場全体に広がっている」(りそな銀行の黒瀬浩一チーフ・マーケット・ストラテジスト)という。下値では押し目買い意欲が根強い一方、円高を嫌気した売りや年度末を控えた国内投資家などの売りが続いている。

 14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆4376億円、売買高は11億5396万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は827と後場寄りと同じだった。値上がりは1014、変わらずは167だった。

 いすゞが売りに押され、大和も安い。国際石開帝石も軟調だ。ダイキン京セラも下落している。一方で大東建三菱ケミHDは上げ幅を広げている。TASAKIにも買いが続いている。トヨタは上げに転じる場面があった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

新着記事一覧

読まれたコラム