時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,101,579億円
  • 東証2部 93,641億円
  • ジャスダック 97,235億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.32倍 --
株価収益率17.17倍15.90倍
株式益回り5.82%6.28%
配当利回り1.61% 1.65%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 20,079.64 +29.48
日経平均先物(円)
大取,17/09月
20,050 +10

[PR]

国内株概況

東証10時 下げ幅やや縮める、円強含み一服 下値で押し目買い

2017/3/21 10:20 (2017/3/21 10:24更新)
共有
保存
印刷
その他

 21日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前週末に比べ130円ほど安い1万9400円前後で推移している。円相場の強含みを懸念した売りが一巡し、やや下げ幅を縮めている。根強い先高観を背景に押し目買いが入り、下値を支えている。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は前週末終値を小幅に下回る水準で推移している。

 下値では「配当目的の買いが、割安感の出た内需株に入っている」(アセットマネジメントOneの岡本佳久チーフアナリスト)という。半面、米金融株の下げを受け、東京市場でも銀行株などが軟調だ。米長期金利の上昇が一服し、保険株の下げも目立つ。第一生命HDが下げ、野村も安い。三菱UFJも売られている。

 10時現在の東証1部の売買代金は概算で6559億円、売買高は5億1947万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1086と全体の54%を占めた。値上がりは749、変わらずは173だった。

 ソフトバンクは下げ幅をやや広げ、塩野義が軟調。東ガスも売りに押されている。一方で、渋谷に大型店を出すと伝わったニトリHDが上げ、大東建も買われている。アサヒなど食品株も堅調だ。

 東証2部株価指数は続落している。シャープマーチャントが下げ、朝日インテクいい生活が上げている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム