時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,814,132億円
  • 東証2部 89,928億円
  • ジャスダック 87,267億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.29倍 --
株価収益率18.23倍16.90倍
株式益回り5.48%5.91%
配当利回り1.61% 1.64%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 19,202.87 +217.28
日経平均先物(円)
大取,17/06月
19,040 +230

[PR]

国内株概況

東証寄り付き、続伸 10カ月ぶりに1万8000円台 米株高と円安受け

2016/11/18 9:26
共有
保存
印刷
その他

1ドル=110円台で取引される外為市場と1万8000円台を付けた日経平均株価(18日午前、東京都港区の外為どっとコム)

1ドル=110円台で取引される外為市場と1万8000円台を付けた日経平均株価(18日午前、東京都港区の外為どっとコム)

 18日の東京株式市場で日経平均株価は続伸で始まった。始値は前日比161円58銭高の1万8024円21銭だった。その後も1万8000円台前半で推移している。取引時間中に1万8000円を上回るのは1月7日以来およそ10カ月ぶり。円相場が1ドル=110円台へ下落し、輸出企業の採算改善につながるとして相場の先高観が強まった。前日に下落した三菱UFJ三井住友FGなども堅調。ファストリトヨタホンダも高い。

 安倍晋三首相は17日午後(日本時間18日朝)、トランプ・次期米大統領とニューヨーク市内で会談した。取引開始前に「ともに信頼関係を築いていくことができる会談になった」との安倍首相のコメントが伝わったが、市場の反応は現時点では限定的だ。

 前日の米国株は反発し、ダウ工業株30種平均の17日終値は35ドル68セント高の1万8903ドル82セントだった。米景気が堅調との見方やイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の12月利上げを示唆する議会証言を受け、先行きの不透明感が後退。投資家心理が安定して幅広い銘柄が上昇した。東京市場でもこの流れを引き継ぎ、買いが優勢となっている。

 JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も続伸で始まり、業種別TOPIXは33業種中28業種が上昇している。

 東エレク京セラなど電子部品株が上昇し、ファナックも高い。エーザイも買いが先行した。半面、ユニファミマが下落した。JTニチレイキリンHDも安い。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム