時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,808,690億円
  • 東証2部 89,156億円
  • ジャスダック 87,228億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.29倍 --
株価収益率18.21倍16.88倍
株式益回り5.49%5.92%
配当利回り1.62% 1.65%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 19,023.55 -238.98
日経平均先物(円)
大取,17/06月
18,890 -250

[PR]

国内株概況

東証寄り付き、下げ幅200円超 トランプ氏会見後の円高嫌気

2017/1/12 9:28
共有
保存
印刷
その他

 12日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日に比べ210円ほど安い1万9100円台半ばで推移している。11日のトランプ次期米大統領の会見を受けてドルの買い持ち高を調整する動きが加速し、外国為替市場で円相場は一時、1ドル=114円台に上昇した。その後も115円を挟んで推移して前日夕より円高水準となっていることで、輸出採算の悪化を警戒した売りが主力株に優勢となっている。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反落して始まっている。

一時200円以上値を下げた日経平均株価(12日午前、東京都中央区)

 市場では「朝の海外投資家からの買い注文は前日までと比べて少ない」(外資系証券トレーダー)との指摘があり、海外勢の買いが手控えられている。業種別TOPIXでは「医薬品」が下落率で首位となっている。トランプ次期米大統領が記者会見で薬価が高すぎるとして新たな価格決定の仕組みが必要との考えを示したことで、同日の米国株市場でも製薬が売られた。

 

 11日2016年3~11月期の連結純利益が前年同期比18%減の66億円だったと発表した竹内製作所は大幅に下落している。塩野義アステラスは下落し、大東建東京海上も安い。

 半面、11日に16年3~11月期の連結決算は経常利益が前年同期比4%増の850億円だったと発表したイオンは小幅に上昇している。JXコンコルディは上昇し、コマツダイキンは高い。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム