8/22 12:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 19,412.92 +19.79
日経平均先物(円)
大取,17/09月
19,400 +40

[PR]

為替概況

外為8時30分 円、反落し111円台後半 米金利上昇と株高で

2017/6/20 8:50
共有
保存
印刷
その他

 20日早朝の東京外国為替市場で円相場は反落している。8時30分時点では1ドル=111円67~70銭と、前日の17時時点に比べ56銭の円安・ドル高水準で推移している。前日のニューヨーク市場で、米長期金利が上昇(債券価格が下落)し、ダウ工業株30種平均が過去最高値を更新した。日米金利差の拡大と投資家のリスク選好姿勢の強まりを背景に東京市場でも円売り・ドル買いが先行している。

 円はユーロに対して続落して始まった。8時30分時点では1ユーロ=124円46~48銭と、同8銭の円安・ユーロ高水準で推移している。対ドルでの円売りがユーロにも波及している。

 ユーロの対ドル相場は反落して始まった。8時30分時点では1ユーロ=1.1144~47ドルと、同0.0050ドルのユーロ安・ドル高水準で推移している。米長期金利の上昇を受け、対ユーロでもドル買いが先行している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

関連キーワードで検索

外為市場金利上昇外国為替東京外国為替市場

新着記事一覧

読まれたコラム