九電、対テロ施設に1800億円 川内原発補正書

2017/2/17 21:36
保存
印刷
その他

 九州電力は17日、川内原子力発電所(鹿児島県)で、テロ対策などに活用する特定重大事故等対処施設の原子炉設置変更許可申請の補正書を原子力規制委員会に再提出した。工事にかかる費用として約1800億円かかると記載。特定重大事故に対処するための発電機の台数なども変更した。

 規制委から工事計画認可などが下り次第着工し、2020年の使用開始を目指す。ただ、完成時期に間に合わせるには、規制委は今年度内に原子炉設置変更許可申請が認められる必要があるとしている。

保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 16:00
15:00
北陸 15:03
14:59
関西 6:00
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:00
1:50

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報