融資判断にビッグデータ 福岡銀 手続き簡略、審査短く

2017/5/15 21:42
共有
保存
印刷
その他

 ふくおかフィナンシャルグループ(FG)傘下の福岡銀行は、中小企業への融資判断にビッグデータを活用すると発表した。信用情報会社、日本リスク・データ・バンク(東京・港、大久保豊社長)と連携し、申し込みから契約までの手続きを簡略化。審査時間を短くして利便性を高め、顧客の裾野を広げる。

 事業性融資商品「ふくぎんビジネスローン『ファストパス』」の取り扱いを始めた。日本リスク・データ・バンクと共同開発した審査モデルを活用して顧客の取引データを分析、ウェブ上で全ての審査を終わらせる。企業は決算書などを提出しなくても審査が受けられる。

 融資の申し込みは福岡銀のホームページか、マネーフォワードが手掛ける資金調達サービス「MFクラウドファイナンス」を通じて行う。福岡銀との取引履歴がない企業でも、マネーフォワードを通じて他行口座での取引データを提供すれば与信判断ができる。マネーフォワードと連携して融資商品を提供するのは地方銀行で初めてという。

 少額融資のニーズが大きい中小零細やベンチャー企業の利用を想定する。今後は「ディープラーニング(深層学習)など人工知能(AI)の機能も加えたい」(福岡銀)という。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 11:22
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:01
関西 6:00
6:00
中国 6:32
6:25
四国 6:32
6:25
九州
沖縄
7:00
7:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報