シャープ、ソフトバンクの10兆円ファンドに参加

2017/5/18 20:01
共有
保存
印刷
その他

 シャープは18日、ソフトバンクグループがサウジアラビアなどと共同で発足させる投資ファンドに参加すると発表した。投資期間は5年間で、最大10億ドル(約1126億円)を拠出する。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」分野を中心に、世界の最先端テクノロジー企業と事業連携できる可能性を探るほか、シャープの収益向上にもつなげる狙いだ。

 投資ファンドは「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」。IoTや医療分野などで最先端テクノロジーへの出資を予定する。最大の出資者はサウジ政府系の公共投資ファンド(PIF)で450億ドルを、ソフトバンクは250億ドルをそれぞれ拠出する。運用規模は10兆円を超えるとみられる。シャープを傘下に収める台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業や米アップル、米クアルコムも参加を決めている。

 シャープは26日に、2017年度から3カ年の中期経営計画を発表する予定。この中でIoT関連事業の拡大に向けた方針を掲げるとみられる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:02
7:01
東海 7:05
7:00
北陸 25日 7:01
25日 7:00
関西 6:00
6:00
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
6:00
25日 22:09

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報