最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 19,233.15 +147.84
日経平均先物(円)
大取,17/06月
19,100 +170

[PR]

為替概況

ロンドン外為17日 円は対ドルで続伸 ポンドは下落

2017/2/18 1:18
保存
印刷
その他

【NQNロンドン】17日のロンドン外国為替市場で円相場は続伸。16日の英国時間16時時点と比べて40銭円高・ドル安の1ドル=112円80~90銭で取引された。軟調な欧州株を背景に日中を通して「低リスク通貨」とされる円は底堅く推移した。もっとも、目新しい取引材料に乏しい中、米国の3連休を控えて積極的に持ち高を傾ける動きは限られ、方向感は出にくかった。

 円の対ユーロ相場は大幅続伸。同1円10銭円高・ユーロ安の1ユーロ=119円80~90銭で取引された。午後に入り、円は上げ幅を拡大した。対ドルでユーロ売りが強まったことに連れて、ユーロ売り・円買いの勢いが強まった。一時、119円88銭前後と、9日以来1週ぶりの円高・ユーロ安水準を付けた。

 ユーロは対ドルで3日ぶり反落。同16時時点に比べ0.0050ドルユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.0620~30ドルで推移した。午後にかけてユーロを売る動きが強まった。特に手掛かりとなる材料は出ておらず、週末を控えた持ち高調整のユーロ売り・ドル買いが出たようだ。

 英ポンドは対ドルで反落。同0.0070ドルポンド安・ドル高の1ポンド=1.2430~40ドル。朝方発表の1月英小売売上高が市場予想を大幅に下回ったことでポンドが売られた。ポンドは対円、対ユーロでも下落した。対円では1ポンド=140円10~20銭程度。一時、139円台を付ける場面があった。対ユーロで1ユーロ=0.8540~50ポンド程度で取引された。

保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム