最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 20,220.30 +89.89
日経平均先物(円)
大取,17/09月
20,210 +70

[PR]

為替概況

ロンドン外為9時半 ユーロ小動き、1.11ドル台後半 ポンド上昇に転じる

2017/6/19 17:52
共有
保存
印刷
その他

【NQNロンドン】19日午前のロンドン外国為替市場で、ユーロの対ドル相場は横ばい圏で小幅な動きとなっている。英国時間9時30分時点では1ユーロ=1.1190~1.1200ドルと、前週末16日の同16時時点と同じ水準だった。18日に即日開票されたフランス下院議会選の決選投票は、マクロン大統領が率いる新党「共和国前進」が大勝した。前週の第1回投票で新党の勝利はすでに市場で広く織り込まれており、材料出尽くし感から利益確定のユーロ売り・ドル買いが出た。一方、米債利回りの上昇が限られていることから、欧米金利差の縮小を見込んだユーロ買い・ドル売りも入っている。

 英ポンドは対ドルで上げに転じた。1ポンド=1.2795~1.2805ドルと同0.0005ドルのポンド高・ドル安で推移している。対ユーロでのドル売りが波及し、ポンド買い・ドル売りが入った。

 円は対ドルで弱含んだ。1ドル=111円00~10銭と同40銭の円安・ドル高で推移している。欧州株式相場が総じて上昇して始まるなど、投資家のリスク選好は強いようで、「低リスク通貨」とされる円には断続的に売りが出ている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム