アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

トランプ氏、北朝鮮に追加制裁検討 習氏とも電話協議

2017/8/12 10:18 (2017/8/12 13:22更新)
共有
保存
印刷
その他

 【ワシントン=川合智之】トランプ米大統領は11日、北朝鮮が米領グアム沖に弾道ミサイルを発射する計画を表明したことを受け、北朝鮮に追加経済制裁を科す考えを表明した。詳細は明らかにしなかったが「非常に強力な」制裁になるとした。中国の習近平国家主席とも同日、電話協議し、北朝鮮への対応を話し合った。習氏は緊張を高めないよう米朝双方に自制を求めた。

11日、北朝鮮のミサイル発射計画をけん制したトランプ米大統領(中央、米ニュージャージー州)=ロイター

 休暇先のニュージャージー州のゴルフ場で記者団に語った。金正恩(キム・ジョンウン)委員長に「もしグアムなどの米領土や同盟国に何かすれば、心から、すぐに後悔するだろう」と警告。「とがめられずに済むことはない」と軍事的報復も辞さない姿勢を示した。

 トランプ氏は同日朝に「北朝鮮が浅はかな行動をとるなら、軍事的解決をとる準備は完全に整っている」とツイッターに投稿した意味について「非常に明白だ」と指摘。「彼らが私の言ったことを正確に理解するよう望む」と述べた。

 AP通信は11日、米朝が外交的解決を目指した非公式の接触を続けていると伝えた。米国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表と、国連北朝鮮代表部のパク・ソンイル米国担当大使による通称「ニューヨーク・チャンネル」を通じて対話しているという。ただ、トランプ氏は米朝接触について「進展を明らかにしたくない」と述べるにとどめた。

 トランプ氏の発言が米朝の緊張を高めているとの指摘については「私が言ったからという理由で批判しているのだ。他の誰かが同じことを言ったら素晴らしいと称賛するだろう」と指摘。「韓国や日本も我々の仕事ぶりに喜んでいると思う」とも述べた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]