欧州市場の主要指標11時半 円110円台後半に続落、ユーロは横ばい

2017/6/19 19:45
共有
保存
印刷
その他

【NQNロンドン】19日午前のロンドン外国為替市場で、円の対ドル相場は続落。英国時間11時半時点では、前週末16時時点に比べ30銭円安・ドル高の1ドル=110円90銭~111円ちょうどで推移している。今週の一連の米連邦準備理事会(FRB)当局者らによる講演を控え、円売りが優勢。欧州株が総じて上昇していることも、「低リスク通貨」とされる円の売りにつながっている。ユーロは対ドルで横ばい。18日に即日開票されたフランス下院議会選の決選投票は、マクロン大統領が率いる新党「共和国前進」が大勝した。新党の勝利を市場は織り込み済みで、この日の反応は限定的となっている。

 英株価指数FTSE100種総合株価指数は同11時半時点で、前週末終値に比べ0.51%高で推移している。石油株と鉱業株の上げが指数を押し上げている。個別では、セキュリティー・サービスのG4Sとスーパーマーケットのセインズベリーの上げが目立つ。

 欧州各国株式相場は総じて上昇。ドイツ株式指数(DAX)は0.8%高。フランスのCAC40は銀行株中心に買われ0.87%上昇している。ただ、イタリアのFTSE・MIBは0.02%下落している。

 ロンドン原油市場(ICEフューチャーズ)で北海ブレント先物相場は1バレル=47.52ドル付近で小幅続伸。ロンドン地金市場協会(LBMA)の金価格は1トロイオンス=1251.06ドル前後で下落。ロンドン金属取引所(LME)で銅先物相場は上昇している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 19日 7:01
19日 7:01
東北 19日 7:00
19日 7:00
関東 19日 7:01
19日 7:00
東京 19日 7:01
19日 7:00
信越 19日 7:00
19日 7:00
東海 0:57
0:54
北陸 19日 6:02
19日 6:00
関西 19日 6:00
19日 5:59
中国 19日 7:01
19日 7:01
四国 19日 7:01
19日 7:01
九州
沖縄
19日 6:01
19日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報