VW、3年間の公的監視 ディーゼル不正で米連邦地裁命令

2017/4/22 2:46
共有
保存
印刷
その他

 【フランクフルト=深尾幸生】独フォルクスワーゲン(VW)は21日、米国での排ガス不正問題で、3年間の公的監視を受けると発表した。米ミシガン州の連邦地裁が命じた。今回の決定で米当局との交渉幕引きに向け、またひとつ手続きが進んだ。

 VWは3月に法廷で罪を認め、謝罪していた。連邦地裁はVWの法令順守態勢を監査・監督する責任者として、ラリー・トンプソン元司法次官を任命した。VWは声明で「会社の歴史上最大の変革を進めるべく、トンプソン氏に全面協力する」と述べた。

 現地メディアによると、連邦地裁は28億ドル(約3000億円)の刑事上の罰金についても正式に承認した。米司法省など当局と合意した罰金などの総額は43億ドル。今回確定した罰金28億ドルに加え、米環境当局などに対し民事上の制裁金総額15億ドルが課せられている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:02
7:01
関西 6:05
6:00
中国 7:00
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報