ソフトバンク、スマホ開発VBへの出資取りやめ 米紙報道

2017/3/21 7:16
共有
保存
印刷
その他

 【ニューヨーク=清水石珠実】ソフトバンクグループが、スマートフォン(スマホ)を開発するベンチャー企業「エッセンシャル・プロダクツ」への1億ドル(約112億円)の出資を取りやめたことが明らかになった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が20日報じた。米アップルとの関係が深まっていることを考慮し、競合への投資を控えたという。

 エッセンシャル・プロダクツは、グーグルの携帯端末向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」の開発者として知られるアンディー・ルービン氏が創業した。事情に詳しい関係者の話として報じたところによると、ソフトバンクの孫正義社長は出資計画のなかで、エッセンシャルが今春に発売を予定している高級スマホの販売を日本市場で後押しする方針を示していたという。両社は数カ月にわたり協議を進めていたが、2月に最終契約を作成する段階になって孫氏が計画を撤回した。

 関係者によると「アップルがエッセンシャルへの投資を阻んだわけではない」という。だが、1月にアップルがソフトバンクが設立する1000億ドル規模のハイテク投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」に10億ドル程度を出資する方針を決めたことで、アップルと競合する企業への投資が難しくなったとの見方を報じている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:15
12:35
北陸 7:01
7:00
関西 6:01
6:00
中国 7:02
7:01
四国 12:00
7:02
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報