VW、米当局と刑事の和解交渉 5000億円支払いも 排ガス不正で

2017/1/11 6:21
保存
印刷
その他

 【フランクフルト=加藤貴行】独フォルクスワーゲン(VW)は10日、排ガス不正問題に関し、米当局との間で刑事責任を巡る和解交渉が進展していると発表した。VWの支払総額は43億ドル(約5000億円)に達する可能性があるという。VW側は一両日中に機関決定し、米当局と合意する見通し。米国では総額約150億ドルで合意した民事に次いで、刑事でも巨額の支払いにめどがつく。

 VWは違法ソフトウエアでディーゼル車の排ガス量を実態より少なくして試験を通り、その不正車を売り消費者を欺いた罪で刑事訴追されている。同社によると、米司法省と米税関・国境取締局との間で制裁金支払いなどの交渉を続けている。

 草案では、VWの総額43億ドルの制裁金支払いと、3年間の独立モニター設置を含むコンプライアンス(法令順守)体制の徹底が盛り込まれた。また司法取引の一つである「有罪答弁」に基づき、VWが罪状を認め、裁判での事実認定を省略して量刑を決めることも含まれる。

 VWの取締役会と監査役会は一両日中に、米当局との和解の承認手続きをする予定。43億ドルでまとまると、米国の民事・刑事でVWの支払いは200億ドル近くに達する。

 VWは不正の関連費用として、2016年9月末までに182億ユーロ(約2兆2200億円)を引き当てている。同社は同日の声明で「和解で合意すれば、費用は現在の引当金を上回る」と認めた上で、「16年12月期決算への具体的な影響は様々な要因に左右されるため定かではない」とした。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

フォルクスワーゲン米当局支払い米国司法省

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 18日 7:01
18日 7:00
東北 18日 7:00
18日 7:00
関東 18日 7:01
18日 7:00
東京 18日 7:00
18日 7:00
信越 18日 7:00
18日 7:00
東海 19日 21:45
18日 23:45
北陸 18日 6:32
18日 6:28
近畿 18日 6:02
18日 6:00
中国 18日 6:30
18日 6:25
四国 18日 6:31
18日 6:25
九州
沖縄
2:00
1:26

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報