貿易不均衡是正へ100日計画 米中首脳合意
対北朝鮮で協力強化

2017/4/8 7:04
共有
保存
印刷
その他

 【パームビーチ(米フロリダ州)=永沢毅】トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は7日午後、トランプ氏の別荘「マール・ア・ラーゴ」での2日間にわたる初の会談を終えた。両首脳は米国の対中貿易赤字の是正に向け、100日計画を策定することで合意。北朝鮮の核・ミサイル問題で協力を強化することで一致した。

 会談後、ティラーソン米国務長官やロス米商務長官が会談の内容を明らかにした。米側の説明によると、習氏はトランプ氏に対し、米軍によるシリアのアサド政権への空爆に理解を示した。

 両首脳は北朝鮮問題が極めて深刻な段階に入ったとの認識も共有した。ただ、この問題で具体的な項目の合意はないという。米側は人権問題の重要性を指摘した。

 トランプ氏は会談で「我々は多くの問題を解決することができる」と強調。習氏は「友好関係を安定的に発展させていきたい」と表明した。両首脳は7日午前の会談後、別荘内を2人で短時間、散策した。昼食会でも議論を続行し、会談を終了した。同日午後、習氏は帰国の途に就いた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:00
6:00
中国 6:00
5:59
四国 6:00
5:58
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報