「イバンカ」ブランド苦戦 米百貨店が扱い中止

2017/2/4 7:46
共有
保存
印刷
その他

 【ニューヨーク=河内真帆】米大手百貨店ノードストロームは、トランプ米大統領の娘で自分の名前を冠した衣料・服飾ブランド「イバンカ・トランプ」の販売を取りやめると3日までに明らかにした。販売不振が続くなか、品ぞろえを見直す一環で新たな調達を中止すると説明している。

 同ブランドは本人をイメージにした30~40代の働く女性向け衣料品、宝飾品、バッグ、靴などが主力の中価格帯商品群。米国では百貨店が主な販路となっている。日本にも並行輸入や輸入品の取り扱いサイトを通じて商品が入り始めている。

 ノードストロームは「取扱商品の調達基準は売れ行きに応じて決めている。同ブランドについては(冬物商品の販売が終了した後の)春物以降は扱わないことにした」と、政治とは無関係で売れ行きの不振が理由の経営判断だとしている。

 ただ、トランプ氏の言動を巡って米消費者の間では関連商品の不買運動も広がっている。同ブランドの販売に影響したほか、ノードストロームへの抗議も強まっていたとみられる。同業で同ブランドを扱う米ロード・アンド・テイラーは商品の販売を継続している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 27日 7:01
27日 7:00
東北 27日 7:02
27日 7:01
関東 27日 7:01
27日 7:01
東京 27日 7:01
27日 7:00
信越 27日 7:00
27日 7:00
東海 27日 14:00
27日 7:05
北陸 27日 6:10
27日 6:01
関西 27日 6:02
27日 6:00
中国 27日 6:02
27日 6:00
四国 27日 6:02
27日 6:00
九州
沖縄
27日 2:00
26日 21:52

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報