アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

サムスン、大画面スマホ発表 虹彩認証搭載
最新技術「全部入り」

2016/8/3 7:06
共有
保存
印刷
その他

 【ニューヨーク=小川義也】韓国のサムスン電子は2日、スマートフォン(スマホ)の新製品「ギャラクシーノート7」を発表した。大画面スマホの先駆けである「ノート」シリーズ初の防水仕様で、虹彩認証や急速無線充電、外部メモリーにも対応。スマホの最新技術を惜しげもなく盛り込んだ「全部入り」ともいえる製品で、今秋登場する米アップルの新型iPhone(アイフォーン)を迎え撃つ。

サムスン電子の新型スマホ「ギャラクシーノート7」は虹彩認証機能を搭載し、安全性を高めた

 19日から北米などで順次発売する。価格は未定。昨年8月に発売した現行機種の「ノート5」は日本での販売が見送られたが、ノート7は日本で今秋にも発売される見通し。

 ノート7の画面サイズはノート5と同じ5.7型。昨年9月に発売されたアップルの「iPhone6s」シリーズ(4.7型と5.5型)より一回り大きいが、本体の表面と裏面の両サイドを曲面にすることでノート5よりコンパクトなボディーを実現。大画面の利便性と握りやすさを両立させた。

 ノートシリーズの特徴であるペン入力機能も強化。よりスムーズに入力できるように改良したほか、ペン先でなぞった画面上の単語を翻訳する機能や拡大表示する機能などを追加した。

 新たに採用した虹彩スキャナーは画面のロック解除のほか、大事な写真やメールなどを安全に保管する「セキュアホルダー」、スマホ決済サービス「サムスンペイ」の認証などに使える。

 本体には64ギガバイトのメモリーを内蔵。最大256ギガバイトのマイクロSDカードを挿せる外部メモリーカードスロットも搭載した。

 サムスンは3月に発売した旗艦機種「ギャラクシーS7」の販売が好調で、低迷が続いていたスマホ部門が息を吹き返しつつある。ニューヨークで開いた発表会に登壇した同社幹部は「(ノート7)は世界でも最もインテリジェントなスマートフォンだ」と強調。S7に続くヒットへの期待をにじませた。

 今回はニューヨークのほか、ロンドンとリオデジャネイロでも同時に発表会を開催。5日に開幕するリオ五輪では、無線通信分野の公式スポンサーとしての立場を生かして、ノート7の宣伝やデモを現地で計画しているという。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]